学生ローンの用途

学生ローンとは、その名前の通り学生本人を対象としたお金の貸し付けのことです。このタイプのキャッシングは学生の場合、審査に通りやすいという特徴をもっています。お金を借りるのは、何も社会人だけではなく、学生でもお金が足りずにお金を借りたいと思う人もいるはずです。そんな学生に、お金を貸してくれるのが、学生ローンというサービスです。
飲み会

この学生ローンで借りたお金は、必ずしも学費や学業のために使わなければいけないわけではなく、サークル活動飲み会デート代など、お金の使い方は自由となっています。また、学生ローンを利用する場合には、親の同意や連帯保証人なども必要ありませんから、親に内緒でお金を借りる必要があるという場合には、有効な方法といえます。

学生ローンに限らず、お金を借りる場合には必ず審査があります。この審査では本人確認資料を提出する必要がありますが、学生証に加えて健康保険証か運転免許証、業者によっては公共料金の領収書などがこれに当たります。

ほとんどの学生ローンは、利用限度額を50万円としていて、それ以上借りることができなくなっています。また、年収の3分の1までしかお金を借りることができないという貸金業法を守らなければいけないため、アルバイトで月5万円稼いでいるというような場合には、年収は60万円となり、借りることができる金額は、最大でも20万円となります。アルバイトなどをしておらず、収入が一切無い場合は返済することができませんので、たとえ学生ローンであっても利用はできません。